HOME > 脱毛の仕組み

脱毛の仕組み

このページでは医療レーザーならではの特徴である効果の高さとその仕組みについて簡単にご紹介します。医療レーザー脱毛は高いレベルのレーザー照射が可能ですが、エステ脱毛にはそれが認められておりません。せっかく脱毛するなら医療レーザー脱毛で安全に行う事をおすすめします。

なぜレーザーで脱毛できるの?

なぜレーザーで脱毛できるの?

通常の光は遠くへいくにつれて拡散し、エネルギーが落ちていきます。レーザー光線は広がらずにエネルギーを維持したまま直進します。その光をさらにレンズで一点にしぼり、さらに高いエネルギーに変えることによって毛根へ刺激を与え、脱毛を促しています。光はひとつの色にだけ反応する特徴を持っているため、皮膚にダメージを与えることなく毛母細胞だけを破壊することができるのです。

脱毛が何回もかかるわけ

脱毛が何回もかかるわけ

どんなに機械が優秀でも1回で脱毛はできません。毛には毛周期があり、交代で順番に表面に出てきています。おおまかにいうと成長期の毛、赤ちゃんの毛、お婆さんの毛といったように毛にも寿命があり、生えては抜けてを繰り返しています。
レーザー脱毛ができるのはメラニンをたくさん含んだ成長期の毛のみです。そのため1ヶ月~2ヶ月の間隔をあけて時期をずらしながら照射していきます。すべて無くすには5回~6回の照射が必要です。

無くなった毛はずっと生えてこない?

複数台置いてあるクリニックは◎

△生えてくる場合があります。
永久脱毛の定義は施術後1ヶ月後に毛の再生率が20%以下であると定められています。つまり照射したらすべての毛穴から一生生えてこないというわけではありません。また、ホルモンバランスが不安定になる場合、毛が生えて来る可能性があります。
ホルモンバランスは妊娠や環境の変化、ストレスや病気などでも変わってきます。ですが、医療レーザー脱毛は毛の再生率が低く、1度成長期の時期に処理された毛はほとんど生えてきませんので安心してください。