HOME > 医療レーザー脱毛とは?

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛とは、医療機関で行われるレーザー脱毛を指します。たくさんの脱毛方法がありますが、レーザー脱毛が一番人気といってよいでしょう。脱毛料金も年々下がっており、多くの女性が気軽に受けています。当ページでは、医療レーザー脱毛の仕組みや知識などについてご紹介します。

医療目的から美容目的へ様変わり

医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛は1995年にアメリカのハーバード大学で、医療技術のひとつとして開発されました。もともとは、手術などや治療で毛が邪魔になるときにレーザーで毛根を破壊し、発毛行為そのものを止めることが目的です。
今では美容意識の高い人のために美容用として改良され、肌に負担をかけずにムダ毛の処理をすることが可能になっています。今でも世界何十万人という人が美容目的で永久脱毛を受けています。

医師が行わない場合は違法?

医療レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛は出力が高く、1回照射するとそこから毛が生える確率は20%以下になることが証明されています。行為そのものは外科手術に当たるため、医師のみが 施術を行えます。医師が行わない施術である場合、医療レーザーではなく出力の高い光脱毛マシンである場合があります。このあたりの基準は明確に決まっているわけではなく、脱毛界のグレーゾーンになっています。

平成13年11月8日に発令された、厚生労働省の通知

「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反する。」

医療レーザー脱毛の施術

自己処理の危険性

個人差によりますが痛みがあります。レーザー脱毛の痛みは毛根がレーザー熱で焼けることによって起こります。そのため施術後はクールダウンや保湿が必要になり、 医院によっては入浴や日焼けを避けるように指示されます。

<<医療脱毛の基本ステップ>>

1…麻酔クリームを塗ります。
照射する部位や体質によっては痛みの強い場合もありますので、要望に応じて麻酔クリームを事前に塗ります。

2…レーザー照射範囲の毛を剃ります。
皮膚よりも上に生えている毛にレーザーが反応して、やけどをしてしまうことを防ぎます。

3…ゴーグルをかけます
万が一目に入ると大変なことになりますので、目を保護するゴーグルをかけて守ります。

4…ジェルを塗ります
肌を保護するジェルを塗ります。マシンによっては要らない場合もあります。

5…レーザーを照射していきます
照射は両ワキだと約5分です。

6…クリームを塗ります
ジェルを拭取り、炎症を抑えるクリームを塗ります。

7…毛周期サイクルに合わせて治療を継続します
サイクルによって生えてくる毛を脱毛していきます。レーザー脱毛は1~2ヶ月に1回のペースで5~6回行われます。